”コロナ疲れ”の方へ、ゴッホ気分で塗り絵はどうですか?

記事No.74

 コロナ禍の影響で、”stay home”が続く日々。なんとか正確なコロナ情報を得ようとしても、細かい字のグラフやデータばかり。それを見て頭がクラクラしてくるあなたは、もしや “コロナ疲れ” では?
今記事は、少し気分を変えて、ゴッホの〈塗り絵〉をご紹介します。

■ゴッホの塗り絵
 フィンセント・ファン・ゴッホ《アルルの寝室》が塗り絵になっています。プリントアウトして彩色し、自分だけのゴッホに仕上げるのはどうでしょうか。
塗り絵がダウンロードできるゴッホ美術館のサイトはこちら
ゴッホといえば、《ひまわり》が思い浮かびますが、所蔵している西新宿の東郷青児記念損保ジャパン美術館が、5/28よりSOMPO美術館として新しく開館予定。ぜひ無事に開館することを願います。
上記ゴッホ美術館サイトには、《ひまわり》の塗り絵も公開されています。

《アルルの寝室》塗り絵(ゴッホ美術館のオリジナルはもっと大きいです)
《アルルの寝室》彩色の見本です。

投稿者: 館の住人

上尾市民。 「ひとりでもできる行政参画」を目指しています。 とりわけ、上尾市教育委員会や上尾市についての情報公開請求を契機として、教育行政や市政が改善の方向に向かって行けばと考えています。

「”コロナ疲れ”の方へ、ゴッホ気分で塗り絵はどうですか?」への2件のフィードバック

  1. 今、家にいることが多いので、これは良いかもです、
    探したら、こんなのもありました。
    「モネの塗り絵」 http://www.creyon-nurie.com/impressionism/monet.html

    1. コメント、ありがとうございます。
      家の中にある色鉛筆やクレヨン、サインペンなどを使って塗り絵に挑戦するのもいいですね。

      他には「ミュシャの塗り絵」もありますし、ほかの作家(画家)も見つかると思います。

コメントは受け付けていません。