図書館行政について ー5/1を休館日にした本当の理由ー

No.14 🔷知る権利  国民にとっての『知る権利』とは、憲法で定める基本的人権のひとつであると言えます。また、一般的に『知る権利』というと、情報公開制度と結び付けて考える場合もありますが、一方では、私たち市民がさまざま…

上尾市は宮代町から学んでほしい ーこの差って何ですか?ー

記事No.13 ■同じように「未来を語る住民」ですが…  朝日新聞埼玉版に、興味深い記事がありました。デジタル版はこちら(有料記事のため、途中までしか読めません。念のため) 内容は、宮代町で「まちの将来を考えるワークショ…

市民から言われないと動かない上尾市 ー会議の事前公表についてー

記事No.12 ■市長へのはがき/会議開催の事前公表について  現行の「審議会等の会議の公開に関する指針」は、2001(平成13)年11月1日に告示されたものであり、18年近く改正されていません。 したがって、審議会等開…

上尾市教育委員会の不都合な真実 ー監査意見を受けての市教委の態度ー

記事No.11 ■住民監査請求の結果を受けての市教委の対応 前記事でお伝えした「監査結果」を受け、池野教育長と市教委(事務局)はどう対応したのでしょうか。2019.04.19に「監査結果」が公表され、≪池野教育長は、時給…

上尾市教育委員会の不都合な真実 ー教育長の服務の実態ー

記事No.9  前記事で、公用車の恣意的な使用問題とは別の、教育長や市教委事務局にとっての「不都合な真実」が露見したことに触れました。今回はそれについてお伝えしますが、ブログ筆者が起こした「住民監査請求=上尾市職員措置要…

上尾市教育委員会の不都合な真実 ー看過できない教育長の行状ー

記事No.8 ■公用車の恣意的使用以外にも… 前記事では、池野教育長が昨年メルパルク横浜に行った際の「公用車使用」には、合理性も必然性も無いばかりか、公費(=市民の血税)支出の面でも明らかに無駄遣いであるという問題につい…

上尾市教育委員会の不都合な真実 ー教育長への忖度と黙認ー

記事No.7 公用車使用問題をはじめとした「忖度」と「黙認」    残念なことですが、市役所7階では、池野教育長への「忖度」と「黙認」がまかり通っているとしか考えられない実態があります。  館の住人(このブログの筆者)が…

上尾市教育委員会の不都合な真実 ー教育委員とは?ー

記事No.6 上尾の教育委員とは?? 🔷「教育委員」と「教育委員会事務局」 上尾市役所7階に行くと、進行方向左側に事務机が並び、数多くの職員がいます。そこが「上尾市教育委員会事務局」です。 ちょっと紛らわしいですが、「上…

上尾市教育委員会の不都合な真実 ー点検評価報告書の実態ー

No.5 ■「点検評価」の義務は法定  前記事で、上尾の現教育長である池野和己氏の「教育長就任」についての不明瞭さについてお伝えしました。 これは、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」(地教行法と略す)という長い名…

「あげお未来創造市民会議」の不都合な真実 ー矛盾だらけの資料ー

[記事No.4]  前回「あげお未来市民会議」の問題点について指摘しましたが、第2回までの会議録に目を通したところ、さらにおかしな点が浮かび上がってきました。今回はそれが何なのかについてお伝えします。 ■矛盾だらけの資料…

「あげお未来創造市民会議」の不都合な真実 ー問題点の数々ー

記事No.3  今年5月から「あげお未来創造市民会議」なる会合がすでに3回開かれています。この会議は、<第6次上尾市総合計画を策定する必要から、市民で構成する「あげお未来創造市民会議」を設置し、検討している>とされ、その…

上尾市教育委員会の不都合な真実 ー教育長就任の不明瞭さー

[記事No.2] 「教育長」就任の不明瞭さ  館の住人(このブログの筆者)は、何の後ろ盾も無い、ひとりの上尾市民として、上尾市教育委員会(以下、市教委)に対して情報公開請求をおこなっています。情報公開請求制度は、条例で定…

このブログについて

-市民的視座から上尾の教育行政と市政を考える- 記事No.1 「上尾オンブズマンの館」へようこそ。 ※タイトルの「オンブズマン」とは、このブログでは「市民的視座から、上尾市政や教育行政を注視し、問題点があれば指摘する」と…