上尾市教育委員会5月定例会で注目すべき「議案」&「報告事項」とは

明日(5月23日)、上尾市教育委員会5月定例会が開催されます。
例月の定例会の「議案」や「報告事項」は、開催日の5日前に公表されます。
土・日は除くため、今月は17日(金)に題目が分かりました。
今記事では、5月定例会で私(当ブログ館主)が注目している「議案」と「報告事項」についてお伝えします。

No.324

🔸どんなことが議題になるの?
以下が、教育委員会5月定例会の「議案」と「報告事項」です。

「議案」とは「教育委員会の採決を要する議事」のことです。この場合の「教育委員会」とは「教育長と5人の教育委員の合議体」という意味になります。
「報告事項」とは、教育委員会の採決は要しませんが、教育施策の結果や数量的データ、あるいは今後の予定等が報告されるものです。

🔸注目すべき「議案」と「報告事項」
明日の教育委員会定例会の議事(ここでは、「議案」と「報告事項」を合わせて「議事」とします)は、多くの重要な案件が含まれています。
私が注目しているのは、次の議事です。

議案第31号:上尾市における部活動の地域移行に向けた基本方針の制定について
(注目点等)部活の地域移行については、市教委は昨年度3回「推進協議会」を開催しています。
第3回の協議会の会議録や資料等はこちら(青字クリックで飛びます)。
議案第36号:請願に係る審査請求に対する裁決について
(注目点等)1月4日に私と市民1名の連名で教育委員会宛てに提出した『請願』(仮称:「教育長・教育委員と市民との懇談会」開催に関する請願)については、いまだに議案として扱われていない状況が続いています。そのため、「請願について、なぜ数か月も審議しないのか」についての審査請求を出しました(審査庁は生涯学習課)。どのような裁決をするのでしょうか。
※この詳細については、次回以降の記事でお伝えします。

なお、「議案第37号:職員の処分に係る審査請求に対する裁決について」および「議案第38号:いじめ重大事態対応マニュアルの改訂に係る審査請求に対する裁決について」は、dいずれも市民から提出された「行政不服審査請求」に対する裁決だと思われます。
このような形も含め、市民が教育行政に対してアクションを起こし、教育委員会としてそのことについて審議することは極めて重要です。

報告事項2:上尾市教育委員会が保有する行政文書の公開に係る令和5年度の実施状況について
(注目点等)毎年5月に、教育委員会への情報公開請求をまとめた一覧表が示されます。件数よりも「どんなことが請求されているか」と「どんな理由で非公開とされたか」に要注目です。
報告事項4:学校再編検討対象校に係るアンケート調査の結果について
(注目点等)実施時期が昨年8・9月だということを考えれば、報告が非常に遅れたと言えます。
昨年12月の議会一般質問でも池田議員が「調査結果はどうなっているのか」と質問したところ、小田川教育総務部長(当時)は「現在調査中です」と答弁した、いわくつきのアンケート調査です。中身についても、市民として検証する必要があります
報告事項11:上尾市学校給食施設基本計画(素案)について
(注目点等)これについては、報告する時期が遅すぎます。同じ時期に市民コメントを募集している「図書館本館更新計画(案)」は、3月定例会で報告事項として出され、市民コメントを募集する旨説明されています。学校給食施設基本計画(素案)は、もうすぐ意見募集が終了する時期に報告され、しかも、5月22日に開催された「学校給食運営委員会」では、「センター給食ありき」で説明がされています。
これでは、何のための市民コメント募集なのかわかりません。

🔸定例会の様子は次回以降に
今記事では、教育委員会5月定例会で注目すべき議事についてお伝えしました。
定例会での裁決の結果や、教育委員の発言などについては、当ブログの次回以降の記事でお伝えします。

(以下、市教委HPより)
★教育委員会5月定例会
5月23日 木曜日 午前9時30分から
上尾市役所7階 教育委員室
傍聴を希望する人は、会議開会の15分前から受け付けを行います。
※会場の都合により、傍聴人の人数は15人までといたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA