上尾市の成人式は、延期または中止にしないのですか ⇒ オンライン方式に変更になりました

成人式はオンライン方式に変更になりました(1月7日18:30頃HPにて発表)。上尾市・市教委HP【オンライン開催へ変更】

当ブログに、多くの方からコメントをいただきました。市教委も当ブログを目にしているはずですが、さきほど成人式の方式が変更になり、オンライン開催となることが上尾市と市教委のHPに掲載されました。

(ここから、元の記事)
年が明け、2021年になりました。当ブログも少しずつではありますがアクセスが増え、読んでくださっている方からのお問い合わせや情報提供も寄せられています。

現時点で私(ブログ筆者のこと。今年から表記を変更)が関心を寄せていることは様々あります。いくつか挙げてみると、

🔷平方幼稚園を廃園にするつもりですか?
🔷実は不要不急だった?英語教育推進事業
🔷東京オリパラは無理。アスリートのためにも中止を
🔷教育長・教育委員は公募で選任を
🔷丸山公園へのさらなる指定管理者導入
🔷上尾図書館のあり方について
etc.

これらに関しては、情報を整理してそれぞれ記事にしたいと考えているところですが、今記事では、上尾市が1/10に開催するとしている成人式について、中止の判断をした飯能市との比較を含めてお伝えします。

No.134

🔷成人式のゆくえ
1月10日(日)に、上尾市&教育委員会は成人式を開催する予定のようです。その内容はこちら⇒11月定例教育委員会報告事項報告事項の3をごらんください)

PDFが見にくい方のために、要約します。

例年との変更点 例年2回を3回に。式を30分程度に短縮
日時・会場 2021.1.10(日) 文化センター
1回目(10:00~10:40) 太平、西、大石南、南、大谷各中学校区
2回目(12:30~13:10) 大石、東、瓦葺各中学校区
3回目(14:30~15:10) 上尾、原市、上平各中学校区
主催 上尾市・上尾市教育委員会
内容 式典のみ 30分程度
開式、君が代と市歌CD、市民憲章朗読、式辞、誓いのことば、閉式
アトラクション・恩師への花束贈呈なし
対象 2000.4.2~2001.4.1生まれの現在または以前の市内居住者
対象者 2,500名

これらについては、『広報あげお 11月号』に概要が掲載されています(9頁を参照)。そこには、次の文言があります。

なお、新型コロナウイルスの感染状況により、開催方法を変更または式典を中止する場合があります。

では、どんな場合に「変更または式典を中止」するのでしょうか。11月の定例教育委員会で、生涯学習課長は次のように説明しています。

(生涯学習課長の説明)
ホームページ上で「今後の感染症拡大状況などにより、変更または中止になる場合がございます」と ご案内しており、その判断については、国・県から緊急事態宣言などが出され、イベント自粛の要請があった場合や、会場となる文化センターの入場者数が、式典直前までの間に縮小となった場合を想定しております。

この説明にある「ホームページ上で」とは、2020.11.30更新の市教委のHPのことです(現在は検索するか、RSSでないと見えません)。
「国や県からイベント自粛要請があった場合」に(成人式を)変更または中止となる、つまり、上尾市単独で決めることはしないということになります。なお、文化センター入場者数の縮小については、単独で決めるはずもないので、説明としてはあまり意味がありません。

また、教育委員とは、次のやり取りがされています。

(細野宏道教育長職務代理者)
少なくとも1回当たり500人以上(原文ママ。計算違い?)の方が会場に集まることと思います。会場の着席する席は固定するなど対策することと思いますが、各回の間隔が1時間20分となっていて、その時間で5 00人以上の方が 、 一方では退場して、もう一方では入場するということになると、その導線の確保などの対策について伺います。
(小宮山克巳 生涯学習課長)
例年では入場口と退場口 を1か所ずつに分けて 実施して おります 。今回は会場の出口を前方出口、後方出口と2か所に分散させて出口での滞留を防ぐよう実施するとともに、導線を表す矢印表示も使用してスムーズな移動を促していきたいと考えております。

つまり、2,500名の対象者を3回に分けるということは、800名程度の若者が1か所に集まるということなのです。各回の間隔が1時間20分あるとはいえ、早く来る参加者もいるでしょうし、何よりも、式典が終わってから、すぐにその場を立ち去るとも思えません
さらに、「これからどこか(遊興施設や飲食店など)に行こう」という話になるのは目に見えています。
すなわち、上尾市と市教育委員会は、「若者が密になる」きっかけを与えていることになります。

このやり取りの後、事務局から次のように伝えられています。

(池田直隆 教育総務課長)  (教育委員の予定として)ただいま小宮山生涯学習課長からご説明がありましたとおり、成人式を1月10日に予定しております。

この発言に対して、教育長からも教育委員からも質問や異議(教育委員は出席する必要が無いのでは?など)は全く出されませんでした。
このようなコロナ感染増加の状況にあっても、「成人式では、教育委員としてステージの上で顔を見せたい」ということなのでしょう。

🔷飯能市の決断
一方、埼玉県内で唯一成人式を中止したのは飯能市です。その関連の新聞記事がこちら⇒「成人式すれば会食を助長する…」埼玉県内で簡素化の動き 判断分かれる自治体 – 毎日新聞 (mainichi.jp)

この中で、<飯能市の生涯学習課の担当者は「式典参加人数だけの問題ではない。人が集まり、その後の会食などを助長してしまう。断腸の思いで中止を決定した」と説明した>とあります。まさに英断です。

飯能市のHPでは、次のように説明しています。

飯能市では、新型コロナウイルス感染防止対策を十分に講じたうえで令和3年成人式の開催に向けた準備を進めてまいりました。
しかしながら、全国的に感染拡大が深刻化し、本市におきましても短期間に感染者が急増している状況の中で、成人式の開催が更なる感染拡大の要因となる可能性が高いことから、新成人の皆様やそのご家族の皆様、市民の皆様の健康と安全を最優先に考え、やむを得ず令和3年1月10日(日)に開催を予定しておりました成人式を「中止」といたします。
誠に残念ですが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

このことに関し、飯能市の教育長は次のようにメッセージを発出しています。

 新成人を迎えられる皆様におかれましては、心よりお祝い申し上げます。
また、これまでたくさんの愛情を注ぎ、成長を見守って来られたご家族の皆様におかれましては、感慨もひとしおのことと存じます。
「成人式」は、成人を迎えた皆様にとりましては、人生の節目であり、ご家族の皆様にとりましては、我が子の成長を祝う大切な機会であります。
本市では、「何としても成人式を開催したい」という強い思いを抱いて、幾度となく検討を重ね、徹底した新型コロナウイルス感染防止対策を講じ、一生懸命に準備を進めてまいりました。
しかしながら、全国的に感染は拡大し、収束は見通せない状況にあります。本市におきましても、12月に入り毎日のように感染者が報告されるなど、市民の皆様の中で感染が急速に拡大している状況です。
このようなことから、「成人式の中止」は新成人の皆様、ご家族の皆様、そして市民の皆様の健康と安全を守るための苦渋の決断でございます。
「成人式」は中止とさせていただきますが、当然のことながら成人のお祝いとしての晴れ着の着用や記念撮影などの自粛を求めるものではございません。
新成人の皆様におかれましては、「成人の日」を心待ちにされていたご家族、身近な方々とともに、それぞれの形で晴れの門出を祝われることを願うものでございます。
現在は、感染症の収束が見えない状況にあることから、明確な時期をお伝えすることはできませんが、収束が見えてまいりました折には、何らかの形で、皆様のお祝いができますように検討してまいりたいと考えております。
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
2020(令和2)年12月25日      飯能市教育委員会教育長 今井 直己

このように、飯能市の教育長は「成人のお祝いとしての晴れ着の着用や記念撮影などの自粛を求めるものではございません」と述べています。
成人式の中止を決断した後、すぐにこのようなメッセージを出せること自体に敬服します。

このような動きを知っていたとしたら、上尾市の教育長や教育委員のお歴々はどう反応するのでしょうか。
「まだ間に合うので、上尾でも考え直さないといけない」と思うのか、それとも「よその市のことだし、もう間に合わないから関係ない」と無視するのか。

今までの教育長や教育委員の姿勢や発言などを見る限り、その答えは明らかだと思います。

(追記)
今記事を投稿した後、以下のようなニュースが飛び込んできました。

緊急事態宣言の要請は東京都と首都圏3県

配信 共同通信

 新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を2日に政府へ要請するのは、東京都のほか、埼玉、千葉、神奈川の首都圏3県の見通しとなった。関係者が明らかにした。

これは、上述の生涯学習課長の発言にある「県から緊急事態宣言などが出され」に該当すると私は思いますが、市教委はどう判断するのでしょうか?
決断するなら早いほうが良いと思いますが。
(追記2)
さいたま市は成人式をオンラインに変更。
東京都は23区中15区で全員が集まる形式にはしないことになりました。
(1/5   21:00現在)

投稿者: 館の住人

上尾市民。 「ひとりでもできる行政参画」を目指しています。 とりわけ、上尾市教育委員会や上尾市についての情報公開請求を契機として、教育行政や市政が改善の方向に向かって行けばと考えています。

「上尾市の成人式は、延期または中止にしないのですか ⇒ オンライン方式に変更になりました」への16件のフィードバック

  1. 初めてコメントします。
    報道では、緊急事態宣言が1/9の午前0時から出されるということのようです。
    教育長氏がどうするか、このブログは見てるでしょうが、飯能のようなメッセージは無理だと思います。
    そもそも、何のための成人式なのか。
    全体の成人式がなくとも、晴れ着を着たければ着ればいいと思います。
    家族で記念写真を撮れば良いのでは?
    今、この時期に若者が集まることは、ある意味「凶器」に近いですね。

    1. コメント、ありがとうございます。

      生涯学習課長は「緊急事態宣言が出されたら成人式を変更または中止する」と発言しています。そのことについては教育長も教育委員も異議を唱えていないのですから、当然中止を含めて再考するのが当然だと私は思います。
      何年か前に教育委員会の会議を傍聴した際に、教育委員が「当日は何を着ていけば良いのですか」と発言していたことを今でも覚えています。

  2. 上尾市在住の者です。
    全面的に賛同します。
    緊急事態宣言が発令されることは確定したのですから、生涯学習課長自らが発言されたとおり、中止又は変更すべきです。
    中止すべきと考えますが、成人された方の気持ちを考えると延期が望ましいです。

    1. コメント、ありがとうございます。

      おっしゃる通りだと思います。
      すでにさいたま市ではオンラインの開催に変更しています。成人された皆さんにとっては、楽しみにしていたイベントでしょうから、上尾市教委は早めに連絡したほうが良いのではないでしょうか。(現在までのところ、相当数の問い合わせがあると思われますが、市教委・市のHPには掲載がありません)

  3. 成人式はお祭りです。
    式典の後は一部の成人は必ず、つるんで飲み食い、おしゃべりして感染を広げます。
    昨春からのコロナ禍で職を失ったり、売り上げが激減して生きて行くことに大変苦労している人、寝る間を惜しみ、差別に苦しみながらも患者対応している医療従事者がいます。昨秋からの感染爆発で更にこの状況に拍車がかかっています。
    今日も感染者が最多を更新している埼玉県は医療体制が全国一脆弱な県であり、まさに危機に直面しています。
    今、私たちがコロナに感染しても入院治療を受けられないかもしれません。自宅待機の間に無念にも死に至るかもしれません。
    このような時に2000人もの人を集めて成人式を行おうとする上尾市は正気かどうか疑いたくなります。
    菅首相が昨年末に会食して、コロナに対する危機感が薄れたり、感染対策がゆるんだ一因として批判されています。
    上尾市も今までの計画通りに成人式を行うならば、まっとうな理由もないのに感染拡大のきっかけを作っている上に、感染拡大への危機意識を阻害するという二重の悪を行うことになるでしょう。
    上尾市長、教育長をはじめとした推進関係者に問いたい。
    上尾市の感染者がまだ少ない、或いは自分の身近で感染者や死者が出ていない、自分たちはコロナ過でも収入に影響がない、更には成人式を行ったことが感染拡大の理由とは証明できないはずだから自分たちの責任は問われない、などという甘い認識に立ってはいませんか?
    今は一人でも感染者を増やさないために皆が一致協力すべき時です。
    成人式は実施するにしても、オンライン配信などを使い人を集めずに実施すべきで、かつ、お祭りを醸成するのではなく、逆に、コロナの時代の生き方を各成人にしっかり考えていただく良い機会とすべきでしょう。

    1. コメント、ありがとうございます。

      ご指摘のとおり、感染者を出さないための努力を、上尾市や市教委は怠っているとしか言いようがありません。

      上尾市教委は、自分たちで決められない時は「国や県の動向を見て」などと言うかと思うと、自分たちで暴走気味に決める時もあります(平方幼稚園の閉園や不必要な英語テストなど)。
      自分たちで決めた時は、市議会で否決されたり、財政階から予算削減の対象になったりしています。
      私は、成人式の件も含めて、市教委には「まともな意見」を言う人がいないか、いても声をあげられないのだと考えています。
      その意味で、市民的な視点が今ほど市教委に必要な時はないでしょう。

      1. コメントありがとうございます。
        幼稚園の閉園や英語テストのことは勉強不足で良く分かりませんが、今回の成人式に関しては全くおっしゃる通りと思います。
        ただ、今のこの緊急事態の中ではトップである教育長、市長の見識が問われていることを強調したいと思います。

        1. まさに、その通りだと思います。

          成人式の話が教育委員会の会議で出ても何も言わない教育長や、告発を受けている身でありながら、1日で市内小中学校全校を回って聖火トーチを展示させようとするなど、コロナそっちのけでオリンピックに幻想を抱く市長…… 残念ながら、上尾市はこういう人物が市長だの教育長になっている現実があります。 私は、そうした「不都合な真実」を、少しでも市民と共有しようと考えています。

          1. おっしゃるような市政の現状を考えると、市政をチェックすべき議会が十分に機能していないことや、市民の行政への関心の低さ、なども原因として上げられそうですね。
            その意味で、館の住人さんの地道な活動は大変意義があると思います。

          2. ありがとうございます。
            確かに、市議会の質疑を聞いていても(中継録画ですが)、「もう少し突っ込んだ質問をしてもいいのではないか」と思ったり、原稿を読むだけの答弁に物足りなさを感じています。
            ひどい質問では、「そんなことはネットで調べれば出てくるじゃないか」と思うような、ただ質問をしていることに価値を見出すような議員もいることは事実です。

            私の場合は、興味・関心を持ったことは、とりあえず公表されている資料等をネットで調べ、そのあとで情報公開請求します。その際、できるだけ市役所職員と面談して、様々な情報を入手したうえでブログに上げる、という手順が多いです。その中で、「お問い合わせ・情報提供」経由で教えていただく情報もありますので、深掘りするために情報公開請求することも増えました。

            教育長については、彼の日頃の言動・行状から、今までに2回住民監査請求しています。それを契機として、市教委事務局内で従来よりも改善されたことがいくつかあります。

  4. 決行しても中止または延期にしても批判の声は上がることでしょう。
    素早い決断と、判断する側の責任感。
    それだけです。

    1. コメント、ありがとうございます。

      上尾市にも市教委にも「成人式はどうなるのか」という問い合わせは多く寄せられていることと思われます。
      前から状況はわかっているのですから、せめて「どうするのか」について、HP等で知らせるくらいの判断ができないものかと思います。

  5. 一部では式典の中止や延期という話があるが、緊急事態宣言の発令がされても国は5,000人までのイベントはOKと言っている。今回、上尾市の新成人は約2500人。イベント後にそのまま帰宅する方もいれば集まって会食をしたりする人も決して0ではない。
    若者の集会が全て悪なのでしょうか?
    議員の先生たちもあちこちで会食してクラスターになっています。

    皆様の真剣な意見が悪いのではなく、全てコロナウィルスを1度目の緊急事態宣言を発令したその後の駄策で2波、3波と策を打たなかった結果かと思います。

    早くコロナが終息することを願います。
    また、新成人の方、おめでとうございます。

    1. コメント、ありがとうございます。

      確かに、新成人の方たちが悪いわけでは決してなく、今まで後手後手で有効な手が打てなかった政府の責任は非常に大きいと思います。
      しかも、人には「マスク会食をお願いしたい」と言っておきながら、自分は高級ステーキ屋でおこなわれた8人の会食に平然と行っている首相の態度……
      説得力があろうはずがありません。

      上尾の場合、文化センターだけを会場にする以外に方法は無かったのか、さいたま市のようにオンライン開催にするか、あるいは春以降に延期という手もあるのではないか。
      そのように、成人を祝う方法は考えればいくらでもあると思いますが、一生懸命大人たちが考えていることが全く伝わってこないのが今の市教委や市政だと思います。

  6. 皆さんの正しいご意見の通り成人式は中止になりました。
    しかし、今覗いてみると文化センター前は人だかりが出来てます。
    成人式が開催されていれば、管理する方がいるでしょうから、ミツを避けた誘導もあったでしょうが、唯の人だかりになってます。
    一年前からこの日を楽しみにしてきた新成人たち、2日前にただ単に中止(web開催)と言われて納得しろ我慢しろと言われて納得できるでしょうか。
    中止にするなら、それなりに彼らの気持ちを考えた配慮をしてあげるべきと感じます。
    この時期に集まることが狂気。それの意見は当然です。でも、この日を楽しみに一年間準備してきた当人、親御さんの気持ちも考えてあげて欲しい。
    今日の文化センター前の状況は、大人なら容易に想像出来たはずです。
    中止の判断をした方々、会場周りの誘導整理は予定通り実施して欲しかったと思います。

    1. コメント、ありがとうございます。

      >しかし、今覗いてみると文化センター前は人だかりが出来てます。
      成人式が開催されていれば、管理する方がいるでしょうから、ミツを避けた誘導もあったでしょうが、唯の人だかりになってます。

      これは、市教委のHPの下のほうに、「令和3年1月10日(日曜日)に上尾市文化センターおよび上尾市立公民館5カ所(平方公民館・原市公民館・大石公民館・上平公民館・大谷公民館)に、午前10時から午後4時まで写真スポットを設置します。」との予告によるものでしょう。確認したところ、広報広聴課のツイッターでも同様の内容でツイートされています。

      >今日の文化センター前の状況は、大人なら容易に想像出来たはずです。中止の判断をした方々、会場周りの誘導整理は予定通り実施して欲しかったと思います。中止の判断をした方々、会場周りの誘導整理は予定通り実施して欲しかったと思います。

      全くおっしゃる通りです。対応が後手後手であることに加えて、写真スポットの誘導整理もきちんと行われていないとしたら、上尾市と市の教育委員会の責任は重大です。引き続き事実関係を調べてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA