このブログについて

-市民的視座から上尾の教育行政を考える-

記事No.1

「上尾オンブズマンの館」へようこそ。

※タイトルの「オンブズマン」とは、このブログでは「市民的視座から、上尾市政や教育行政を注視し、問題点があれば指摘する」という意味で使っています。

※このブログで言う「市民」とは、上尾市在住あるいは在勤を問いません。また、権力との親和性が無い一般の「市民」という含意もあり、広範な「市民」の意味でもあります。

 上尾市内の公立小中学校の児童・生徒の教育問題に関心をもっている市民の方でも、上尾市役所の7階に「上尾市教育委員会事務局」があることを知っている方は案外少ないのではないでしょうか。
 ましてや、現在の上尾の教育長が誰であるのか、あるいは、教育委員が何名いて、どのようなことをしているのかは、多くの市民にとっては、ほとんど興味が無いかもしれません。

 しかしながら、学校現場では上尾市教育委員会による影響力は考えている以上に多大なものがあります。見方によっては、現在大きな社会問題にもなっている「教員の働き方改革」がなかなか進まない大きな要因として、<学校現場と教育委員会との関係性>があるとも言えます。

 このブログでは、市民のほとんどの方が知る機会が無いと思われる「上尾市教育委員会の不都合な真実」について、根拠やデータを示したうえで鋭く指摘し、上尾市の教育行政や、根本の上尾市政についても言及していくつもりです。

 館の住人(このブログの筆者)はこれまで、市政に対する鋭い分析力と実証的データから、上尾で最も影響力があると言われているブログ「ビジネスゲームの館」に<上尾オンブズマン>の名で「上尾市教育委員会の不都合な真実」というタイトルで何度か投稿してきました。
 このブログ《上尾オンブズマンの館》の記事は、「ビジネスゲームの館」への投稿を、その後の状況に合わせて加筆・修正したものも含まれています。

 今回、同じく上尾市政等に対して的確な分析&指摘をしているブログ「かまちょ図書館」に続いて、遅ればせながら、上尾で3番目の《館》としてブログを起ち上げることとしました。
 上尾の教育行政や上尾市政に関心を寄せる方は、時折お立ち寄りいただければありがたいです。