「あげお未来創造市民会議」の不都合な真実 その2

[記事No.4]

 前回「あげお未来市民会議」の問題点について指摘しましたが、第2回までの会議録に目を通したところ、さらにおかしな点が浮かび上がってきました。今回はそれが何なのかについてお伝えします。

■矛盾だらけの資料
 第2回「あげお未来創造市民会議」では、「話し合いの進め方」なるプリントが配布されています。その中で、「話し合いのルール」として、『公平に、建設的に話し合いましょう』『広い視野で話し合いましょう』『特定の団体に利益につながることではなく…市の全体を見渡しながら話し合いましょう』などと書かれています。

 しかしながら、次の項目では、「わからないことがあったら」として、『日ごろの生活の中でお考えになっていること・感じていることで構いませんので、積極的にご意見をおっしゃってみてください』と、委員の発言を促しています。
 一方では「広い視野で市の全体を見渡しながら」としながら、もう一方では「生活の中でお考えになっていること・感じていることで構わないから積極的に発言をしてください」とするのは、明らかに矛盾しており、結局は委員の発言をためらわせたり、制限することにつながるのではないでしょうか。

■「協働会議」って何?
 同じプリントには、次のように書かれています。

「協働会議は、市民の皆さまのご意見・ご提案を、未来の上尾市のまちづくりに役立てていくための会議です。」
 あれれ? この会議は「あげお未来創造市民会議」では?
公開された資料等を全部見ましたが、「協働会議」などという名称はどこにもありません。そもそも「協働」とは、「協力して働く」ことなので、今回の「あげお未来創造市民会議」との整合性は認められません。
 どう考えても「協働会議は…」などという書き出しは唐突であるとしか言いようがありません。

■互選ではなかった「委員長・副委員長」の選出
 会議録を読むと、事務局(課長)の発言として、「一般的な会議は、行政側で案を作り、出席者に示した上で意見をうかがうといった形式が多いとみられますが、本市民会議ではあくまでも皆さまのご意見をくみ上げていく形式を取りたいと考えています」と書かれています。

 しかしながら、第2回会議録の最後には、「委員長を矢島(通夫)様、副委員長を刀根(正克)様にお願いしたいと思いますが、よろしいでしょうか」(拍手多数)とあります。
 後日行政経営課長に確認したところ、「委員長・副委員長の人選は、委員同士の互選ではなく、行政経営課のほうで決めた」と明言しています。つまり、委員長・副委員長の人選は「皆さまのご意見をくみ上げていく」形式などではなく、「行政経営課から一方的に降ろされてきた人選」であることは明白です。

■本気で「委員の意見をくみ上げる」のであれば、4つのグループがあるのですから、まず、各グループで1名ずつ代表を互選し、さらに選ばれた4名による互選で委員長・副委員長を決めればよいのです。
 副委員長の刀根氏は、第1回の会議に欠席していることから、「刀根氏の出席を待って発表したのであろう」ことは容易に推測がつきます。もしも委員長・副委員長の人選が委員同士の互選であったならば、「超ベテラン」の方が委員長・副委員長に就任するのではなく、30代・40代の「若手・中堅」の方を中心とした会議になっていたかもしれません。

「あげお未来創造市民会議」の不都合な真実

[記事No.3]

 今年5月から「あげお未来創造市民会議」なる会合がすでに3回開かれています。この会議は<第6次上尾市総合計画を策定する必要から、市民で構成する「あげお未来創造市民会議」を設置し、検討していく>とされ、そのための「公募委員」を5名程度募集するとの記事が、広報あげお4月号に掲載されました。
 実は、この「あげお未来創造市民会議」には様々な問題点があることが、市民のブログ等ですでに指摘されています。

■前回(第5次)との「市民委員」の内訳の比較
①「公共的団体推薦枠」22名(前回9名)
②「豊富な活動経験を有する者枠」3名(前回10名)
③「公募市民枠」5名(前回11名)
 すなわち、①が大幅増、②と③が大幅減となっています。
①の団体は、大半が市の補助金を受けている団体であり、
②は、たとえば「元小学校教諭」という雑駁なくくりであり、誰(どこ)からの推薦かも明示されていません。

また、③の公募枠で「合格」した方は、「まちかど特派員」として広聴広報課ツイッターで発信されている方、上平小学校運営協議会委員として市教委より任命されている方、あるいは上尾市まなびすと市民講師の方など、上尾市と極めて親和性の高い方が「選ばれて」います。

■前記③の公募委員についての「選考基準」には、「上尾市と利害関係の無い普通の市民であること」が入っていません。ここで言う「上尾市と利害関係の無い市民」というのは、「補助金をもらっている団体の代表ではないこと」&「上尾市から便宜供与を受けていないこと」&「上尾市と極めて親和性の高い人物ではないこと」を指します。
 要するに、今回の公募委員は、そうした「普通の市民」が選ばれる余地はなかったと言わざるを得ません。

■公募委員選考では、他にも「小論文問題」があります。
選考の小論文題目は「持続可能なまちをつくるための私が考える処方箋」であり、この題目を検索してみると、なぜか笛吹市のサイトに飛ぶ、という事実がありました(現在は修正削除されています)。

これはどういうことなのでしょうか? 
笛吹市作成の文書を「借りた」のか、それとも別の理由なのか‥? 

市民の疑問に対し、行政経営課担当者は「汎用性があるので問題無い」と言っていましたが、後日確認したところ、同課課長が笛吹市に謝罪の電話を入れたとのことです。

■小論文に関して、「剽窃(ひょうせつ=他人の文章や資料等を本人の承諾なく勝手に引用すること)」の問題をどう考えるか尋ねたところ、行政経営課は事前の打ち合わせの際、「応募者が他の論文や文献を参考(剽窃を含む)にして小論文を書いたとしても特段問題は無いであろう、と判断した」と課長や担当者が臆面もなく述べたのには、少なからず驚かされました。

■この会議は、公開であり、第1回が5/25に開かれました。
 ところが、当初、開催通知を市民に周知する方法として、行政経営課は、市役所1階の情報公開コーナーのボードに紙1枚を貼っておくだけで済まそうとしていました。それに対して、「市民を30名集めた会議の周知方法として適切なのか?」という疑問が市民から出されたため、行政経営課のHPに掲載されるようになりました。また、「会議録や委員の出欠も公表すべきである」との市民からの声を受けて、現在は「第6次上尾市総合計画の策定経過」として掲載されています。

■まだあります。会を傍聴してみると、なんとこの会議の司会進行は、行政経営課の職員ではなく、株式会社コーエイリサーチ&コンサルティングという会社に「丸投げ」しているのです。課長にその理由を尋ねたところ、「プロに任せたほうが、職員が担当するよりも(経費が)安くつく」とのことでした。この理由は全く納得できないものです。
 市民としては「司会進行くらい、職員でできないのものか?」というのが率直な感想ですが、課長は「やればやれないことはないが、役割分担として任せた」などと、ますますわけのわからないことを言っていました。

第2回の「あげお未来創造市民会議」は6/15,第3回は7/6に行われました。その間(6/20)に、元市長の自宅ブロック塀工事を上尾市が負担していたことが市議会質問で明らかになり、メディア等でも大きな話題になりました。
    「上尾の未来を語る」場であり、上尾のシティセールスや定住促進を推進しようとする「あげお未来創造市民会議」の場で市長も担当の部長も課長もこの不祥事について反省の一言もなく、全く言及しないとなれば、未来を語るどころではないでしょう。
 次回の「あげお未来創造市民会議」は8/9に開かれる予定です。
7/6の会議の中で、この不祥事について誰が何と発言したのか、あるいは全く言及しなかったのか、会議録が公開されれば明らかになります。

上尾市教育委員会の「不都合な真実」 その1

[記事No.2]

※以下の記事は、ブログ「ビジネスゲームの館」への投稿を、その後の状況に合わせて加筆・修正したものです。

「教育長」就任の不明瞭さ

 館の住人(このブログの筆者)は、何の後ろ盾も無い、ひとりの上尾市民として、上尾市教育委員会(以下、市教委)に対して情報公開請求をおこなっています。情報公開請求制度は、条例で定められたとおり、市民の「知る権利」や「市政に参画する権利」を保障するものです。
 このブログでお伝えする内容のほとんどは、情報公開請求で得た文書や実証的データ、市教委が公開している資料、あるいは市教委事務局の担当者の説明等を根拠にしています。

 多くの上尾市民の方にとって、今の上尾の教育長が誰なのか、ましてや「教育長がどのようにして選ばれているのか」については、関心が無いかもしれません。
 しかしながら、現在の上尾市の教育行政による施策が、本当に子どもたちのことを考えておこなわれているのか否かを検証することは、決して無駄なことではありません。
 なぜならば、学校現場で日々忙しく働く教師たちが、真の意味で「子どもたちと向き合う時間が保障されているのか」、それとも、「市教委から余計な仕事を押しつけられ、多忙化を強いられ、その結果子どもたちに向き合う時間が減らされているのか」を見極めることに繋がるからです。 様々な事実を基にして突き詰めていくと、「上尾市の教育行政が抱えている闇」、つまり「上尾市教育委員会の不都合な真実」が見えてくると言えます。

 今回は、上尾の現教育長(池野和己氏)は、もともとは逮捕された前市長から「指名」され、市議会が承認(追認)して今の職に就いたという事実から、そこに「就任にあたっての正統性」を見出すのは市民的視座から甚だ疑問である、ということをお伝えします(なお、池野氏は現畠山市長から「指名」され、今年3月の市議会で追認されています)。

 「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」(略称:地教行法)について知っているという方は、教育行政に精通していると言えます。
実はこの地教行法は、ここ数年で大きく改正(変更)されています。
その主な変更点は、
①「総合教育会議」の設置(市長が教育委員を招集しての会合。上尾では2018年度は2回実施され、結果は
市役所HPに掲載されています)
②「新教育長」への変更(市長が指名し、市議会で承認(追認))
③「学校運営協議会」の設置(地域住民や保護者の学校運営参画)  などです。

 ここでは、②の「新教育長」への変更を取り上げます。改正された地教行法により、2015(H27)年度から教育長についての扱いが変更されました(移行措置により、上尾市では2016(H28)年度から)。
 具体的には、従前は教育委員の互選で教育長を選任していましたが、改正後は「地方公共団体の長」(上尾では市長)が議会の同意を得て(実際には「追認」が実態ですが)任命することとされたものです。

 実際、前の岡野栄二教育長は2006(H18)年10月2日(月)に教育長に就任しています。岡野氏は同年9月末日まで上尾小校長でした。
それを「自己都合」で辞めて、瞬間的に教育委員になり、「全員一致」で教育長に推薦されています。はっきり言って、これは「筋書き通り(出来レースとも言います)」であり、岡野氏にとって「全員一致での推薦」は必須条件だったのです。ただ、筋書きを誰が書いたかは、市民には分かりません。

 岡野氏の後任の池野氏の「新教育長就任」にあたっては、一つの大きな疑問が生じます。上尾の場合は、市長と議長が逮捕され有罪判決を受けるという、全国的に大恥をさらした未曾有の事件があったわけですが、その前市長が逮捕前に池野教育長を「指名」し、それを受け上尾市議会が「同意=追認」しています。
 地教行法改正にあたり、首長(上尾の場合、市長)と教育長の関係性について、文科省では次のような見解を示しています。

  「新制度では、首長が教育長を議会の同意を得て直接任命することにした(4条1項)。これにより、首長の任命責任が明確化されることとなる。」

   文科省は「首長の任命責任が明確化される」と明言しています。
 ところが、上尾では首長が逮捕されるという、前代未聞の事件が現実に起きてしまいました。これでは、首長の任命責任どころの話ではありません。逮捕された市長が任命した教育長は、その就任についての正統性は「限りなく黒に近いグレー」と言われても仕方がないのです。 

    館の住人は「なぜ、どこから現教育長である池野氏の具体的な名前が出て来たのか、についての経緯が判別できる文書・資料等」(つまり、市議会で「同意」される前の段階がどうであったのか)の情報公開を求めましたが、「文書不存在のため非公開」の処分が下されました。
 すなわち、逮捕前の市長が池野教育長を指名して、市議会で同意を得たということは周知の事実には違いありませんが、市議会に提案する以前の「教育長指名」の経緯に関する文書・資料等は存在しないというのです(闇の中であり、まさに「不都合な真実」です)。
  池野氏を教育長として指名した市長が逮捕されたという経緯の中では、「教育長就任についての違法性の痕跡」を探すのは困難かもしれません。しかしながら、市民的感覚としては、池野氏の「教育長就任」についての「正統性」が認められるかと言えば、決してそのようなことはなく、甚だ疑問であると言わざるを得ないのです。
 そう考えると、池野氏が市教委事務局学校教育部長から学校現場に異動する際に、極めて例外的に、上尾中ではなく上平中を「選んだ」のも、前市長の地元であり、その後の教育長「就任」を考えてのことであったという推測が成り立つことになります。本来であれば新しい市長に代わった時点で、再度市議会に同意を求めるべきであったと管理人は考えています。

 実は、このようにして就任した上尾の「教育長」と、教育長を取り巻く「事務局」には、数々の問題点があることが、次第に明らかになっていったのですが、それについては次回以降お伝えします。

 

 

 

このブログについて

-市民的視座から上尾の教育行政を考える-

記事No.1

「上尾オンブズマンの館」へようこそ。

※タイトルの「オンブズマン」とは、このブログでは「市民的視座から、上尾市政や教育行政を注視し、問題点があれば指摘する」という意味で使っています。

※このブログで言う「市民」とは、上尾市在住あるいは在勤を問いません。また、権力との親和性が無い一般の「市民」という含意もあり、広範な「市民」の意味でもあります。

 上尾市内の公立小中学校の児童・生徒の教育問題に関心をもっている市民の方でも、上尾市役所の7階に「上尾市教育委員会事務局」があることを知っている方は案外少ないのではないでしょうか。
 ましてや、現在の上尾の教育長が誰であるのか、あるいは、教育委員が何名いて、どのようなことをしているのかは、多くの市民にとっては、ほとんど興味が無いかもしれません。

 しかしながら、学校現場では上尾市教育委員会による影響力は考えている以上に多大なものがあります。見方によっては、現在大きな社会問題にもなっている「教員の働き方改革」がなかなか進まない大きな要因として、<学校現場と教育委員会との関係性>があるとも言えます。

 このブログでは、市民のほとんどの方が知る機会が無いと思われる「上尾市教育委員会の不都合な真実」について、根拠やデータを示したうえで鋭く指摘し、上尾市の教育行政や、根本の上尾市政についても言及していくつもりです。

 館の住人(このブログの筆者)はこれまで、市政に対する鋭い分析力と実証的データから、上尾で最も影響力があると言われているブログ「ビジネスゲームの館」に<上尾オンブズマン>の名で「上尾市教育委員会の不都合な真実」というタイトルで何度か投稿してきました。
 このブログ《上尾オンブズマンの館》の記事は、「ビジネスゲームの館」への投稿を、その後の状況に合わせて加筆・修正したものも含まれています。

 今回、同じく上尾市政等に対して的確な分析&指摘をしているブログ「かまちょ図書館」に続いて、遅ればせながら、上尾で3番目の《館》としてブログを起ち上げることとしました。
 上尾の教育行政や上尾市政に関心を寄せる方は、時折お立ち寄りいただければありがたいです。