市教委が定例会での審議無しで『中学校における部活動の方針』を公表

上尾市教育委員会(事務局)による、またもや疑念を生じさせるおかしな動きです。 『上尾市立中学校に係る部活動の方針(令和5年3月改定)』が上尾市のHP:トップページの〖新着情報〗で公表されています(2023.05.16  …

政権に忖度するメディアのあり方が問われる「報道の自由度68位」

毎年「報道の自由度ランキング」を公表している「国境なき記者団(以下、RSF=仏語略称)」によれば、2023年は日本は世界180か国の内、68位であり、今月開催される「G7サミット」各国の中で最下位という状況です。 今記事…

「深掘り」してこそ見える《上尾市教育委員会公表資料》の裏側の事情

上尾市教育委員会のHPを閲覧すると、数々の方針やら資料などが出てきます。 たとえば、「いじめの防止等のための基本的な方針」、「小中学校における働き方改革基本方針」、あるいは「上尾市学校施設更新計画に関するホームページ一覧…

上尾市と杉並区との《議員と教育委員の女性比率》には歴然たる差が

「統一地方選」が終わりました。選挙にかかわる報道の中で、私(当ブログ館主)はとりわけ東京都杉並区議選の結果に注目しました。なぜなら、私の「選挙の結果はこうあってほしい」との願望に近い結果となったからです(もうひとつ、練馬…

「家庭教育支援員は退職校長用に市教委が置いた職」説を検証(後編)

前記事に引き続き、「家庭教育支援員は退職校長用に上尾市教委が置いた職である」という仮説について検証します。 今記事では、 ③募集の経緯(家庭教育支援員の募集方法は?) ④本来の家庭教育支援員とは何か(文科省の方針との整合…

「家庭教育支援員は退職校長用に市教委が置いた職」説を検証(前編)

今記事と次回の記事で、「家庭教育支援員は退職校長用に上尾市教委が置いた職である」という仮説の検証をおこないます。 検証のアプローチとしては ①家庭教育支援員設置の経緯(上尾市が設置した家庭教育支援員とは) ②市P連との関…

市図書館の「利用者アンケート」を提出する際の「手がかり」を考える

現在、「第3次上尾市図書館サービス計画 モニタリング調査」という目的で、上尾市図書館「利用者アンケート」が実施されています(期間は 4/4 から 4/29まで)。 上尾市図書館には、市民が学ぶための教育機関としての役割が…

5名の上尾市教育委員に向けて4回目の書簡(質問)を提出しました

当ブログで再三にわたって指摘しているとおり、上尾市の教育委員の役割は「市教委事務局の案を全員一致・異議なしで追認する装置」であることは明らかです。 しかしながら、「教育委員は当たり障りのない発言ばかりで、結局は賛成するだ…

情報公開請求により「いじめ問題調査委員」の杜撰な任命の状況が露見

当ブログで関心を寄せている問題のひとつに、「いじめ問題調査委員会」があります。 上尾市の「いじめ調査委員」とは誰で、どうやって選出されたのか&会議の開催の状況については、当事者や関係者の氏名や「重大事態の詳細」を除き、公…

黒塗りされた会議録 —「不当に混乱を生じさせる」のは市教委では?

上尾市教育委員会による「小規模校潰し」がますます明らかになりつつある「学校施設更新計画基本計画」。 この「計画」は、上尾市役所内に設置された「検討委員会」を経て教育委員会定例会に示されています。そこで、先月(市民からの意…

「審議会等における女性の登用」を阻んでいる上尾市教委教育総務課

本日(3月8日)は、国連が定めた「国際女性デー」です。 このような日に【「審議会等における女性の登用」を阻んでいる上尾市教委教育総務課】という記事を投稿するのは大変残念ですが、上尾市教育委員会の数多い「不都合な真実」のひ…

上尾市の消防団員にまつわる問題をご存じですか?

当ブログには、「お問い合わせ」経由で多種多様な質問や情報提供(内部通報を含む)などが寄せられます。その全てについて、こちらからメールで返信をしますが、上尾市内の場合には、相談のうえ、必要に応じて情報公開請求し、その結果を…

『素案』の修正226箇所で問われる「事務局」と「教育委員」の資質

2/21に上尾市教育委員会2月定例会が開かれ、傍聴しました。 定例会の席上、「上尾市学校施設更新計画基本計画案」、「上尾市学校給食基本方針(素案)」、「令和5年度上尾市教育行政重点施策」がそれぞれ協議されました。 関連し…

上尾市教育委員会を「今よりも少しはましな機関」にするための方策

当ブログで再三指摘しているとおり、現在の上尾市教育委員会の特徴は、以下の点に集約できます。 *市民の声を聞くポーズをとり、結局は「集団浅慮(※)」に陥っている市教委事務局 (※)集団が持つ圧力(同調圧力等)によって、その…

上尾市に設置されている「いじめ問題調査委員会」の役割と人選とは

当ブログの No.253 記事では、上尾市には学校での「いじめ問題対策」として3つの機関があること、さらに、市教委が公開すべき情報(個人にかかわる情報以外についての会議録)を非公開にするなどの「隠ぺい体質」があることにつ…

20年間「全員一致・異議無し」の上尾市教育委員の「役割」とは?

1/14~1/29まで、市内公民館(上尾・大石・大谷・原市・平方・上平)で「上尾市学校施設更新計画基本計画(素案)」について意見を聴く「地域公聴会」がおこなわれました。 私も公述人として1回、傍聴人として2回参加し、公述…

「小規模の学校を潰すこと」を目的とする《素案》に対する私の意見

現在、「上尾市学校施設更新計画基本計画(素案)」に対する意見募集がおこなわれています(募集期間は今月30日まで)。 この《素案》について、ある市民は「具体性に欠けるが、上尾市教育委員会の目的が小規模の学校を潰すことにある…

誘導質問によって作られた《素案》の「学校再編は必要」は信頼性無し

1月14日に上尾公民館でおこなわれた「上尾市学校施設更新計画基本計画《素案》に関する地域公聴会」(以下、公聴会)に公述人として参加しました。 公述人としての発言時間は「わずか5分」。この制限時間では、考えていることの全部…

市教委「実施計画出さず」は《議案取り下げ》による「負の効果」か?

現在、上尾市教育委員会がすすめようとしている「学校施設更新計画基本計画」。 今月は市教委が示している『素案』への意見を市民から聴取するという名目の「公聴会」が市内6か所で実施されます。 この『素案』については、目を通した…

《学校統廃合計画》をめぐる上尾市教育委員会の「不都合な真実」とは

年が明けました。当ブログでは、引き続き「市民的視座から市政・教育行政を考えよう」というコンセプトに基づき、読者の方に情報公開請求に基づく情報の提供や、市政や教育行政に関わる問題提起をしていく所存ですので、今年もよろしくお…